医療法人白井内科クリニック
〒590-0079 大阪府堺市堺区新町4−7 材庄ビル2F
TEL:072-238-3578 FAX:072-238-3589

CONTENTS
トップページ
診療案内
診療室便り
検査室便り
薬局便り
お問い合わせ

薬局便り その3


風邪とお薬
市販の風邪薬

 風邪の季節になりました。テレビでも風邪薬のコマーシャルやってますね。
市販の風邪薬はいずれも、鼻水、鼻づまり、発熱、喉の痛みなど風邪の症状を抑える薬です。風邪かなと思ったら、早めに飲んでください。その方がよく効きます。このような治療を対症療法と呼びます。

当クリニックで処方するお薬

 風邪には総合感冒薬と抗生物質を処方するケースが多いです。つまり、対症療法と原因療法を同時に行うための処方です。風邪の原因はウィルスだから抗生物質を出しても意味がないという意見もよくききます。しかし、抗生物質を飲むと喉の痛みがピタッとおさまったという経験をお持ちの方も多いはず。私もその一人です。なぜでしょうか?風邪の諸症状(風邪症候群といいます)の原因がウィルスには限らないということです。呼吸器系の病原細菌により炎症が起こっている場合は、抗生物質を使うのが有益です。

  処方薬を飲んでもよくならない場合は、ご連絡ください。原因菌の検査をしつつ、薬を合わせてゆきます。風邪だと思っても、別の病気の場合もありますので、注意が必要です。

インフルエンザの治療薬

 高熱がある、関節痛がある場合はインフルエンザが疑われます。すぐに院内検査を行い、陽性であれば抗インフルエンザ薬を処方します。A型に有効なシンメトレルという薬と、A型とB型の両方に効くタミフルという薬を準備しています。

薬剤師 白井 速

 

戻る




Copyright (C) 2003 Shirai Clinic All Right Reserved.